あなたの近くにある豊かさと幸せの見つけ方   難病改善 心理カウンセラー 神谷 豊

「あなたらしく自由に輝く」 難病改善プログラム

こんにちは神谷豊です。

難病改善プログラムのページを訪問して下さり、ありがとうございます。

難病を宣告されて、もうすぐ3年がたちます。

おかげさまで、体調が少しずつ欲なり活動が出来るようになりました。
これも応援して下さっているみなさまのおかげと,感謝しております。

ここまで回復できたのも多く方の支えや先生方の教えがあったからだと思います。
難病から改善できた教えををまとめることが出来ました。

無料でプレゼントさせて頂きますのでご請求下さい。a1180_007386

無料プレゼント お申し込みはこちらです→クリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プログラムの詳細です。

平成23年に身体の具合が悪くなり、病院へ行くとたくさんの検査をしました。

そして、待っていたのは難病の宣告でした。

身体が動かなくなり仕事を辞めることになりお金もなくなり、
もうこれ以上は生きていけないと、本当に苦しみました。

しかし、家族の支えや友人の応援、私自身が学んだ心理学やメンターの教えにより
人生最悪の状態から多くの気づきや学びがありました。

難病の経験から生きることの素晴らしさや命の大切さ、メンターの教えを活かすこと、など数え切れないほどの豊かさと幸せを発見することが出来ました。

発病当時にこれらのことを知っていたならばあれほどに苦しむことはなかったと思います。
この経験を自分の胸に納めておくことはもったいないという想いから講演会活動や本の執筆が始まりました。

指が動かないときは原稿の音声入力などでカバーしながら進めてきました。

発病当時からの体験やこころの様子を綴り、
体験プログラムを生活の中で使うことにより今まで気が付かなかった幸せと豊かさに気づけるように作りました。

 

あなたに質問があります。a1380_001286

 

あなたはいま、幸せですか?

毎日、楽しい時間を過ごしていますか?

こころから毎日が充実した時間を過ごしている人生を生きている人は希ではないでしょうか。

ましてや身体に病気を抱えていると健康な方に比べると不自由なことが多いのではないでしょうか。
身体が痛い、思うように身体が動かない、イライラが募ることもあると思います。

でも、病気だからといって、不幸だとは限りません。
不自由なことはいろいろあると思いますがそれが不幸に繋がることはありません。
なぜならば、幸せや不幸は自分が決められるからです。

私は病気になる前はとても自由な生き方をしていました、しかし、幸せ感はあまり感じていませんでした。
むしろ、いつも何かに追われているような気がしてこころが安まるときはなかったように思います。

病気になり身体が動かなくなって、
仕事を辞め、お金もなくなり住むところも追われ、全てを失うような恐怖を味わいました。

しかし、家族の支えや友人達の応援、心理学やメンターの教えのおかげで健康なとき以上に幸せや豊かさを手に入れることが出来ました。

人は苦しいときにはどうしてもそこから逃れようとして、もがきます。
しかし、もがけばもがくほどその苦しみはどんどん増していきます。

身体の力を抜いてもがくことを止めて諦めたときに始めて自分の生きていることの素晴らしさや命に感謝が出来ました。

心理学やメンターの教えを知らなかったらいまでも地獄の淵を彷徨い歩いていたでしょう。

それらの教えは決して難しいものではありません、
ただ、学校では教えてくれなかったものなのです。

これらの教えを生活の中で使うことにより、
こころが軽くなったり、気持ちに余裕が出来たり、あなたの笑顔はもっと増えるでしょう。

誰もあなたを不幸にすることは出来ません、どんな病気もあなたを不幸にすることは出来ないのです。
あなたは幸せになることを自分で決めることが出来ます。

それでは、ご一緒にプログラムを体験して素晴らしい人生の旅に出ましょう。

無料プレゼント お申し込みはこちら→クリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このような方におすすめです

病気で悩んでいる方
病気を改善したい方
自分らしく輝きたい方
自分の才能や使命を知りたい方
自分を好きになりたい方
自分のこころと寄り添いたい方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もくじ

与えられた命を使うと幸せと豊かさがやってくる

 

1 自分とつながる  考えることから感じることへ

自然の中で感じること
自分の感情を感じること
難病になって失ったものは何でしょうか
難病になってしなった怒りや悲しみを吐き出そう

 

2 答えは自分の中にある  こころをやわらかく

あなたは自分とどんな会話をしていますか
今の自分を認めてあげる
難病でも出来ることはある
あなたにとって、難病とはどんなイメージですか
難病が治ってしまったら、困ることはありますか

 

3 病人から抜け出す  難病を改善するヒント

睡眠の大切さ
良い悪い、の判断を手放してみよう
病院だけに頼らない
病気と闘うことをやめる

 

4 新しい未来を創る  病気に感謝する

難病でも出来ることを探してみる
自分史を書いてみる
難病から改善した人に会ってみる
難病が完治して元気になった自分を想像してみる
難病になって良かったことは何ですか

 

無料プレゼント お申し込みはこちら→クリック

a1180_009156


無料プレゼント

難病改善の感謝を込めてレポートや小冊子をプレゼント 詳しくはこちら→クリック

フェイスブック

アーカイブ

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.