【毎日が奇跡】 今の自分を表現してみよう

 

2013年4月25日、講演会の日程を決めた。それはまだ雪の残る3月に中旬だった。1月に今の自分でも何か出来ることは無いか?多くの方にこの体験を伝えたい。

初めは苦しみだけの難病が、心理学やメンターの教えを使うことにより、こころが回復して体調が安定し、行動が出来るようになり、1年後には再発が飲み薬によって止まる。毎日が自分にとっては奇跡の連続のようだ。

自分の望んでいた未来が次々に目の前に現れてくる。自分のこころの中に宝物が一つ一つ、蓄えられていくような喜びであった。

今の自分が本当にしてみたいことは何か?

それは多くの方に、この奇跡的な体験を分かち合いたいという思い。そして、そのことが、同じ苦しみを感じている方の生きる希望や夢に繋がることが出来たら、自分を支えてくれた方への恩返しとなる。それは自分の夢を叶えることにも大きくシンクロしているのでは無いか。

簡単に想い描いた講演会の夢が少し現実味を帯びてきた。

参加して頂いた皆さまには小冊子をお配りして、講演会だけでは無く、どのようにメンターの教えを使ったのか詳しくお伝えする。小冊子の編集作業も急がなければならない。少しずつ出来上がってくる小冊子を眺めながら、講演会の開催がより、リアルに自分に迫ってくる。それと同時に講演会に対する不安もゆっくりとわき上がってきた。失敗したらどうしよう、笑われてしまったらどうしよう。

次回に続く・・・・・

難病がくれた豊さの贈りものa0800_001272

全て読みたい方はこちら 電子書籍

難病改善
心理カウンセラー
神谷 豊でした。

 

ランキング参加中です。押してくれると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

 

幸せと豊かさセッションの詳細はこちら→クリック

 

難病改善の感謝を込めてレポートや小冊子をプレゼント
詳しくはこちら→クリック