【毎日が奇跡】 今の自分を表現してみよう

 

人前ではセミナーを開催したことはあったが、講演会という形で何十分もの間、お話をしたことは無かった。

45分から60分もお話しが出来るのだろうか。どんどんと怖くなってきた。自分で決めておいて、逃げ出したい心境になってきた。そんな時、ふと思った。「難病になったときに人生をあきらめかけたほど苦しんだじゃないか。」その苦しみからしたら、失敗して笑われるぐらい何ともないよな。そう思うと、不思議と安心感が湧いてきた。笑われることが怖かったら練習すればいいのだ。自分で自分に言い聞かせた。

会場の予約、友人の招待、司会者のお願い、小冊子の制作、講演会の練習。瞬く間に時間は過ぎていった。

果たして、やっと動くようになった身体は持つのだろうか。ほとんどが家での生活。みんなの前に立って話すことが出来るのだろうか。不安のエネルギーを挑戦へのエネルギーに変えた。

長野でお世話になった方々にメールや電話で講演会の案内をさせて頂いた。もし、長野での友人達がいなかったら、ここまで元気になっていなかっただろうと思うと急に涙が溢れてきた。

本当に苦しくて耐えきれないとき、私の悲しみをわざわざ病院まで来て聴いてくれた友人達。本当にかけがえのない友人たちに助けられた。

次回に続く・・・・・

難病がくれた豊さの贈りものa1180_007386

全て読みたい方はこちら 電子書籍

難病改善
心理カウンセラー
神谷 豊でした。

 

ランキング参加中です。押してくれると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

 

幸せと豊かさセッションの詳細はこちら→クリック

 

難病改善の感謝を込めてレポートや小冊子をプレゼント
詳しくはこちら→クリック