あなたの近くにある豊かさと幸せの見つけ方   難病改善 心理カウンセラー 神谷 豊

無料プチカウンセリングの案内

  • HOME »
  • 無料プチカウンセリングの案内

こんにちは、しあわせカウンセラー神谷豊です。IMG_9365-111

お身体の具合はいかがでしょうか?

私は2011年にCIDPと言う難病を患いました。
両手足の神経に炎症が起こり、運動機能が落ちて、
両手足の力が入らなくなる病です。

全国に2,000人程度患者さんがいるそうです。

病気の発症から1年間は
思うように治療が進まずに入退院を繰り返しました。

薬の投与と度重なる再発により体力も気力もなくなり、最悪の状態でした。

松本の信大に転院の後、
飲み薬が効き始め、
毎月の再発は抑えられましたが今度は飲み薬の副作用に苦しみました。

病気の発症から6年目になり数年おきに病気は再発しますが
日常生活を送るまで体力と気力が回復して来ました。

これを機会に、難病の方の
無料のプチカウンセリングを行いますので、
心配事や悩み事などがありましたらお気軽にご相談ください。

わたしはこれまで、15年近くにわたり心理学や誕生数秘学、
スピリチュアルなどを学びカウンセリングやセミナーを通じて
600名近くの方の魅力や才能の発見、悩みの解決に携わってきました。

20分無料のプチカウンセリングは
お一人様1回とさせて頂きますのでご了承下さい。

お申込みはこちら⇒クリック

ISHISHI7455_hunehaiku_TP_V

このような方にお勧めします。

病気を良くしたい方。

自分を責めてしまう方。

仕事をしたい方。

生きがいを見つけたい方。

自分の使命を知りたい方。

 

神谷よりお申込みをされる方へのお願い。

1 無料プチカウンセリング終了後にセッションの向上のためにアンケートを頂いております。アンケートを返信いただける方のみお申し込みください。

2 返信いただいたアンケートは匿名にてブログやホームページに掲載させて頂くことをご了承下さい。

3 20分無料プチカウンセリング終了後、お申込み頂いたアドレスに神谷からのメールレターを配信させて頂きます。ご不要の時はすぐに解除できます。

4 無料プチカウンセリングのセッションはお一人様一回のみとさせて頂きます。神谷のカウンセリングを受けたいときは後日特別価格にて募集させて頂きますのでしばらくお待ちください。

以上の4点をご了承頂ける方のみ、お申し込みください。
尚、お申込みの時点で上記のことを了解頂けたものと判断してります。

20分無料プチカウンセリングはお電話かスカイプでのオンラインで行います。
電話代はお客様の負担になりますのでご了承下さい。

 

お申込みはこちら⇒クリック

 

お申込みの方法

1 お申込みホームより必要事項を記入の上送信して下さい。

2 数分後にお申込み完了の返信メールが届きます。返信がないときはアドレスが間違っているか神谷からのアドレスを受信可能にしてください。
kamiya.yutaka☆gmail.com 星マークを@に変更してくださいね。

3 お申込み頂いたセッション日時を確認の上2~3日以内にお返事させて頂きます。

注意

20分無料プチカウンセリングはお電話かスカイプでのオンラインで行います。
電話代はお客様の負担になりますのでご了承下さい。

セッションのお時間は平日の10時より15時までの時間でお選び頂きます。

無料セッション当日の流れ

1 セッション数分前に神谷よりお電話にワンコールさせて頂きます。

2 セッションの時間になりましたらお客様より神谷へお電話ください。

3 セッションをされる場所はなるべく静かなところをお選びください。

4 セッションのお時間は20分になります。開始の時間が遅れたときにはセッションの時間が短くなりますのでご了承下さい。

 

神谷より。

20分無料セッション終了後にアンケートをお送りしますのでご記入の上ご返信下さい。
お客様から頂いた個人情報は漏洩がないようしっかりと管理させて頂きます。

お申込みはこちら⇒クリック

TSURU170322-35 mm-041_TP_V
神谷のプロフィール。

2008年 心理療法家として独立。

カウンセリングやこころと感情のセミナーを開催。IMG_9365-111
1年間で受講生は150名を超える。

6ヶ月の長期セミナー
「ゆめ工房」の卒業生は長野県でリーダーとして活躍している。

心のブロックを解放し、愛を感じながら幸せに成功することを
心理療法家として多くの方にお伝えしている。

ライフワークは「あなたの才能を見つけ夢を形」にすること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011年
原因不明の難病。CIDPの宣告を受ける。
身体が動かなくなり、生きることを諦めかける。

今まで蓄えた心理学の手法を応用してわずか半年で活動を再開。

こころが元気になることで活動できることを実感する。
自身が経験した病気からの気づきを多くの方と分かち合う講演活動も
スタートしている。


無料プレゼント

難病改善の感謝を込めてレポートや小冊子をプレゼント 詳しくはこちら→クリック

フェイスブック

アーカイブ

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.