睡眠の大切さ

 

あなたは1日何時間ぐらい睡眠を取りますか?

多くの方が6時間から8時間ぐらいではないでしょうか。

仕事が忙しい方は
四時間ぐらいかも知れませんね。

私も仕事が忙しいときには睡眠時間を削ってまで頑張っていました。

病気になって、
体力が落ちてきて初めて睡眠の大切さが分かりました。

その始まりは、難病になって体力がなくなり、
1日の内で2回ほど、横にならないと身体が動かなくなったことがきっかけでした。

1回ほどの昼寝の時に1時間ぐらい眠るのですが、
起きてみると身体が軽くなり、アトピーでかさかさの肌が少ししっとりとしているのです。

重たくなった頭も少し横になるだけですっきりとして、また新しいアイデアが湧いてきます。

 

健康な身体であれば、
横になることはないと思いますが、
病気を抱えているときには必要以上に身体のことを気にかけて、横になることをお勧めします。

そのことで体力が回復して、
病気に対しての改善力あがります。

飲み薬も身体に聞くと思いますが、時間が許せる限り横になることをお勧めします。

 

そして何より、心地の良い睡眠を取ること。a1380_000770

簡単に横になれると言うことで、
こたつや椅子の上などでは休まないようにしましょう。

身体を休めるという意味でも、
布団やベッドなどでしっかりと、休むことをおすすめします。

そして、出来たら、
心地の良い音楽やお香などを焚いてさらに睡眠に気を遣ってください。

同じ眠ることにしても、
心地のいい睡眠とただ眠るだけの睡眠では身体に対しての快復力が断然違ってきます。

身体の弱っているときには
身体の快復力も必要になってきますので心地よい睡眠を心がけましょうね。

 

コラム

心地よい睡眠を見つける楽しみ。
アロマ、音楽、自分にとって楽しみながら心地よく眠れるものを見つけましょう。
あなたの大切な身体が喜ぶでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸せと豊かさセッションのお申し込みはこちら→クリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランキング参加中です。押してくれると、とっても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ