自分史を書いてみる

 

あなたはどのような人生を歩んできたでしょうか。

人は苦しい体験をすると、
そこから、抜け出すためにもがき始めます。

しかし、
もがけばもがくほどに、その苦しみは増していくことがあります。

そのようなときには一度もがくことを手放してみましょう。

すると、
いままで全身に力が入って、
緊張していたからだが軽くなり、緊張が解け始めます。

 

頑張っているときには見えなかった周りの景色がゆっくりと見え始めます。

それができたら、
今度は少し時間を取って、自分の人生を振り返ってみましょう。

子供のころからでも、青年時代からでもいいでしょう。a1760_000009

自分の人生で良かったこと、嬉しかったこと、
辛かったこと、大変だったこと、失敗したこと、
などを時系列にして振り返って見てはいかがでしょうか。

 

私も四十八歳で難病になったときに、
もう自分の人生は終わってしまったと思いました。

自分はこの世から消えてしまいたいと感じるほどに苦しい想いもしました。

 

しかし、
長い人生をゆっくりと振り返ってみると、
いくつかの辛い経験や苦しいを乗り越えてきていることに気が付きました。

でも、難病はその中でも一番大きなものでした。

 

人生を振り返ってみると、
いろいろの経験を多くの友人や家族の支えによって乗り越えてきたことが分かりました。

災難や病気になると目の前が真っ暗になって、
自分にはもうこの先はないと感じてしまうことがあります。

しかし、
ゆっくりと人生を振り返ることで、
楽しかったことや乗り越えてきたことをこころの中で思い描くだけでも、
身体の中芯からゆっくりとエネルギーが湧いてきます。

人生は毎日が積み重なって出来ています。

辛いことがあるとどうしても、
人生を点でしか見ることが出来なくなります。

過去があり、
今があり未来へと続く線は多くの方と関わりながら助けられ、支えられて延びていきます。

 

大きく深呼吸をして、
ゆっくりと自分の人生を振り返りこれから延びていく未来に対して、
どのように取り組んでいくことが出来るか思い描いてみましょう。

きっと、あなたの未来にはたくさんの素晴らしいことが起こるでしょう。

 

コラム

あなたの人生は色でたとえると何色でしょうか?

これからの人生はどんな色にしたいですか?

あなたの好きな色を描いてくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸せと豊かさセッションのお申し込みはこちら→クリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランキング参加中です。押してくれると、とっても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ