難病から改善した人に会ってみよう。

 

あなたは今、
どのような病気を抱えていますか?

難病の多くは治らない病気、
治療法が確立されていないと言われています。

私も難病になったときに、
もう治らないのだから寄り添って生きていこうと考えました。

 

それから、
数ヶ月後にインターネットでお子さんが私と同じ病気だったことを知りました。

 

その方はいろいろな病院や治療法を試され、
息子さんは難病から完治してしまったそうです。
数年たった居間では元気に過ごしていると言うことでした。

 

そのお話を聞いたときに、
私は自分の中の概念に縛られていることに気が付きました。

 

人は自分の考え方の中で生きています。a1380_000770

自分で考えたことを現実として再現することがあります。

治らない病気と考えていると、
「治らない」という枠の中からでることは出来ません。

すると考え方や身体は治ることを諦めてしまい、治らない選択を生き始めます。

難病と寄り添って、
幸せな人生を生きることも、とても素晴らしいと思います。

 

しかし、
もう一つの人生を選ぶことが出来るとしたら、
難病を治す人生もあるとしたら、私は難病を治す人生を選びたいと、こころから思いました。

 

その瞬間に、
わたしの中の難病を治すスイッチがオンになりました。

 

難病が完治できるなら私はその生き方を選ぶことを決めました。

人は気が付かないうちに自分の考えた人生を再現しながら歩みます。

 

自分の考えていることが正しくて、
その道しかないと思いこむことがあります。

 

自分の行動や生き方の枠組みを自分で作り始めて、
その枠からなるべく外れないようにします。

それは、
その方が身を守っていくのに安全だから知らないうちにその道を歩むのです。

 

しかし、
周りを見渡してみるといろいろな治療をしている方がいます。

 

病気になっても、治療をしない人、自然療法をする人。薬を使わない人、病院だけに頼る人。

 

難病も治らない病気ではないようです。

ただ、多くの方が治っていないので治らないと考えてしまう人が多いだけなのです。

 

あなたの考え方が病気に対して
どのようにアプローチしているかでその症状もいろいろと変化してきます。

 

今はインターネットが普及しているので
難病でも完治している方を探すことはできると思います。

 

コラム

自分と同じ病気の方で完治している方を探してみましょう。
そこには自分の病気を治すことに有効なヒントが必ずあります。
自分の意病気に対する気持ちのスイッチを入れ替えるチャンスです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸せと豊かさセッションのお申し込みはこちら→クリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランキング参加中です。押してくれると、とっても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ